2006年05月06日

トイレのしつけ〜最初の第一歩〜

犬を初めて飼う方は特にトイレって悩むと思います。
ぽこもトイレをまだマスターしていません。

「完璧にマスターするのに1年ぐらいかかった」という話や、「すぐに覚えたで」っという話などいろいろ聞きます。

いろんな性格のわんこがいるので、トイレマスターへの道は一つではないと思いますが、ぽこと同じ方法で成功するわんこもいるかもしれないんで、ちょっとずつ書いていきます。
(マスターしてないのに偉そうなこと言えないんですが・・・・顔(汗)


とにかく「他の芸はできなくてもいいから、トイレだけは・・・」ってぐらいの気持ちだったので、のりsanはわんこ本のトイレページを一番熟読しました。(しかも、本屋でいろんなワンコ本のトイレページ立ち読みしました。本屋さんゴメンナサイ顔(泣)

印象に強く残っているのが、

・とにかく褒める!!!!

・失敗してもしからない
(怒られちゃうと我慢して膀胱炎とかなっちゃう子もいるらしい・・・)

っというこの2点。

良い性格に育てる為にも、しつけはとにかく褒め褒め作戦揺れるハートですね。
まして、トイレ我慢するようになったら可愛そうなんで、最初にこの2つを胸に刻み込んでトレーニングスタートぴかぴか(新しい)


下お散歩中のぽこ下

画像 018.jpg

ニックネーム のりsan at 18:04| Comment(2) | TrackBack(0) | かわいいトイレマスターへの道のり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トイレのしつけ〜最初の一週間〜

振り返って考えると、最初の一週間がキツかった顔(汗)
なぜなら

たらーっ(汗)トイレのタイミングがつかめていない

たらーっ(汗)お互い、まだコミュニケーションが十分にとれていない

たらーっ(汗)「良い行動→ご褒美がある」っという思考がぽこにない

何もかもがまっさらな状態で最大の難関(?)であるトイレトレーニングを始めるのだから、そりゃ大変だわ顔(え〜ん)

「良い行動→ご褒美がある」という思考がぽこに定着してからは、何事も覚えるスピードが早いexclamation×2グングン覚えるようになりました。

なので、のりsanの意見としては最初に


「良い行動→ご褒美がある」


ということを覚えてもらうのが一番。(だと思う・・・)

第一段階として、ぽこの場合サークル内全面にトイレシートを敷き詰めました。

トイレのタイミングが分からないのでトイレが済んだら
褒めちぎる右ボーロちゃん右サークルから出す
を繰り返すことと、トイレ中に
「ワン・ツーるんるんワン・ツーるんるん
と声をかけること、この2つを行いました。

こっちがタイミングを間違わなければ、全面にシートを敷いているので失敗しないんです。

っと偉そうに書いてますが、最初は何回部屋にシャートイレっとされたことか・・・・顔(なに〜)後始末をしながら情けなーい気持ちに何回もなりました。
でも、最初のトイレの失敗は100%飼い主であるのりsanにあったと思います。最初はトイレの場所さえ理解していなくて、シートの上でしなきゃいけないことも分かっていないぽこは外出ててトイレしたくなったらその場でシャートイレしちゃいます。

第一段階はうまくタイミングを見計らって出し入れしてあげることが肝心かと思います。

ちなみにぽこのタイミングは結論から言うと「寝起き・遊び後・水飲み後・食後」なんですが最初は不規則でした。そのタイミングに入れてなかなかしないので一旦出すと、出した途端シャートイレされたりしましたから。本には「排泄のサインがある」って書いてあるけど、「あっ」っと思った瞬間手遅れのことも多々ありました。

今ははっきりとそのタイミングで排泄します。
「危ないかも」っと思った時は、先に「ワン・ツーるんるんワン・ツーるんるんとサークル近くで声をかけると、外にいてても、すたすた犬(足)(しぶしぶの時もあるなあ顔(汗))トイレへ向かってくれるように・・・・顔(笑)

最初の頃は声を掛けている私を、ぽこ&旦那っちは「のりsanなに言ってんだ????」ぐらいの勢いで不思議そうに見てましたけど、冷ややかな視線に負けず言い続けてよかったかわいい即効性はなかったけど、後でジワジワ効いてきてますので、よろしければお試しあれ!!!
散歩などで掛ける前にお役立ちひらめきですよ。



下以前にもコノ画像使いましたが、こんな感じ下

画像 002.jpg










ニックネーム のりsan at 07:05| Comment(8) | TrackBack(0) | かわいいトイレマスターへの道のり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする