2006年05月20日

トイレのしつけ〜3週間目〜

サークル内のシートもトレー上の一箇所にして迎えた3週間目。一体そんな感じになったかといいますと・・・・・。


3週間もすると、一応「トイレはトレーの上でした方がいいみたい」ということは理解してくれたみたいです。

不思議なことに、シッコは失敗するんですがウン○は一度も失敗したことないんですよね。シッコはだめでウン○ができるのは何故????

ただ困ったことにウン○のときはシートを掘るんですよ。(今でもですが)だからシートがめくれちゃってトレーにダイレクトにウン○がっという日は多々顔(泣)


シッコの方はといいますと、落ち着いている時は失敗しないんですが、興奮している時などはの成功率は相当低かったです。

以前は一度も失敗しても叱らなかったのですが、この頃からはトレーでしないとダメだということが分かってきたので、失敗した時は一言「ダメ」と言うようにしました。

それと、サークル内でも失敗するのにまだ早いかなと思いつつ、もう一段階レベルをあげ自分で戻ってトイレをして欲しいなという気持ちから、新しい試みとして、外に出す時間を増やしてみました。

急にたくさん外に出れてうれしいみたいで外の間はご機嫌るんるんなんですが、サークルに戻る素振りは全くありませんでした。
水が飲みたい時でさえ、いつの間に覚えたのか外から飲むという荒業を身につける始末顔(なに〜)
「戻ったら、またしばらく出られない」「留守番になるかも」などと思っていたのかもしれません。

「入っても出られる」ということを覚えてもらう為に中におもちゃをいれたり、おかしをいれたりして自由に入って取って出られるようにしました。

あと「トイレの時間かな」という頃に「ワン・ツーるんるんの掛け声をサークルのトレー前でかけるようにしました。

その結果

「おもちゃ・おかし作戦」は最初は慎重に中に入っていましたが、だんだん慣れると普通に取りにいくように・・・
「ワン・ツーるんるん作戦」効いているような効いてないような顔(汗)効果はまだ不明でしたが、トイレをするかどうかは別として「何かいってるなあ」ということで、必ずトレーの上まではくるようになりました。

ころ頃には、なんだかんだで部屋での粗相は2,3日に一回ぐらいになりました。ぽこのがんばりもありますが、重要なのはトイレのタイミングを見切ることですよ、多分。2,3日に一回の失敗はのりsanがうっかりした時に起こりましたから。

のりsanとしては3週間でここまでできれば上出来だっという感じでした。
ワンにとっても飼い主にとってもトイレは結構重要項目の1つだと思います。徐々に成功率が上がればいいなあなんて思いながら毎日コツコツとトレーニングしています。精神的にも落ち着き始める(?)1歳を迎える頃には失敗率10%未満になるのかなあ????




ニックネーム のりsan at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | かわいいトイレマスターへの道のり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする