2006年06月03日

わんこ選び〜第1章〜

家が見つかったところで、次はわんこ選び

本当にたくさんの種類があって一体なにをどう選んでいいのか途方に暮れていました。ペットショップでよく見かけるのは、ちわわ・ダックス・トイプードルですかね?なんとなくはちっこいわんこがいいな、とは思っていたのりsan迷ったあげく、まずは本屋へ・・・

意外とというか知らなかっただけですが、結構いろんなわんこに関する本ってあるんですね。有名な犬種については、一冊まるまるその犬種の本というのもあったりして。

で、のりsanが選んだ本は
子犬の図鑑というもので、内容は40犬種ほどが各2、3ページづつ基本的な性格や、特有の病気などがかいてあり、初心者向け・子供との相性・外飼い・運動量・手入れの大変さ・訓練能力・番犬能力の7項目が星の数で表されていて、各犬種の比較の目安になりました。

残りのページはしつけ方やお手入れ方など、飼い始めるのに必要な基本的な情報が載っていて、わんこ初心者には分かりやすいんじゃないかなあと思います。

読んだ結果でたわんこ選びの条件は

1小型犬
 ・マンションの多くは規約で小型犬に限定される
 ・我が家には車がないので、いざという時大型犬は運べない

2初心者でも扱いやすい気性の穏やかな種類
 ・神経質な種類だと、吠えたりしそうだから。
  (もとが猟犬だったりするとそうゆう傾向がある場合があるそうで
   す。)

それでも、いまいちピンとこないのりsan

次はインターネットです。

こちらも本以上にわんこに関するページが多く、犬種の特徴についてのページや、ブログだと、よりリアルなわんこの日常が書かれていたりして、結構参考になったんですが、優柔油断なのりsanは迷いのスパイラルへ突入ダッシュ(走り出すさま)

一時は迷いすぎて、世話ができるか、とか、経済的にやっていけるか、とか、ちゃんと死をみとってあげられるのか、とかとか、わんこを飼うこと自体に不安が出てきてしまいました。

ペットショップへ先に行っていたら、かわいさに目がくらんで、衝動買いしていたかもしれません。それも出会いのひとつであって運命だと思いますが、今考えると冷静になった考える時間がもててよかったなって思っています。

さて、そんなのりsanは結局どうやって子犬を選んだのかといいますと、一つのページとの出会いでした。


少し長くなってきたので、今日はこの辺で・・・









ニックネーム のりsan at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | かわいいぽこを迎えるまでの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする