2006年08月18日

東京DAYS〜ぽこの東京での生活の巻〜

本題に入る前にぽこの様子を・・・
昨日の診察後から急に元気が出てきて食欲もいつも通りに。
今は機嫌よく過ごしています(あ〜よかったあ)
夕方もう一度病院へ行ってきます。

ご心配ありがとうございました。

さて、本題。

東京滞在中のぽこの様子は、

ザ・かりてきた猫ならぬ犬状態

いつもは家中走り回って暴れているのに、本当におとなしい犬

2日目以降はちょっと慣れてきたのか、ピ〜ピ〜鳴るおもちゃで遊んだりしていましたが、いつもの10分の1にも満たないパワーバッド(下向き矢印)

画像 077.jpg画像 075.jpg

まあ、初めての場所だから仕方がないんですけどね。

滞在中トイレはほぼ失敗がく〜(落胆した顔)
食欲も多少ダウンバッド(下向き矢印)
何回か嘔吐どんっ(衝撃)

思っていた以上にぽこはデリケートだったみたいです。

それでも初めて旦那っちの妹と対面した時は若い女の子大好きのぽこはうれしそうにしてましたよハートたち(複数ハート)

家の周りは緑がいっぱいで車の通りも少なくリードをはずして歩いたりと、いつもとは違う楽しいお散歩ができました。

画像 088.jpg

近所にペット用カートのあるスーパーがあり、そこにも出没してみました。初めて乗るカートにビックリした様子。キョロキョロ目周りを見ていました。

東京で過ごした数日間で感じたことは気をつけているつもりでも、ぽこを構い過ぎたり過保護になっていたんじゃないかなあということ。
夫婦2人とワン1匹の生活だと単調にもなるし、ぽこ中心の生活になりがちです。
甘えん坊なところがかわいいところですが、意識していないとそれがワガママになることもあるんじゃないかなあ。
久しぶりに会った家族との会話を楽しんでいるうちに一瞬ぽこのことを気にしていない自分に気づいたり。
ある程度の距離を保つことがお互いにとって長い目でみたらいい関係を築くコツなのかもしれません。

とは言いつつ神戸に戻れば元の生活に戻るのでしょうが、今回の帰省はぽこにとっても新しい経験となり、私にとっても新しい考え方を見つけることができたいい旅になったような気がします。










ニックネーム のりsan at 08:48| Comment(18) | TrackBack(0) | かわいいぽこのお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする