2006年10月22日

しつけ教室へ行ってきました

本日神戸市主催のしつけ教室へ本山交通公園まで行ってきました。
のりsan&ぽこ君は初挑戦の為ドキドキ

着いて早々、初めての場所ということと、たくさんのワンコがいるということで全く落ち着かないぽこ。
ワンコを見つけてはキャイーンキャイーン
落ち着かせるためにしばらく周りを歩いてみたんですが、教室が始まっても落ち着きは取り戻せず、そのままスタートしました。

うぴっ、いっぱいワンコがいるワーーーーン
画像 279.jpg
今日は遊びじゃないのよっどんっ(衝撃)

最初の10分程度は保健所の方のお話でした。
【内容の要約】
・狂犬病の注射は必ず受けてください
現在のところ治療法がなく人も発症すると死亡にいたるそう
日本での発症例はないけれども、世界各地では発生している為、いつ外から入ってくるか分からないので


・お店の前に犬を繋ぐのは止めてください
人に危害を加えたり、ワンコが危険な目にある可能性が常にあり、実際つなぎ止めで事故やトラブルに繋がった事例がいくつもあるとのこと

・飼い主のマナーの向上
できれば他のワンコのうん○も持って帰りましょう

・万が一に備えてワンコの傷害保険加入も考えましょう


話の間もぽこはソワソワ&ウロウロ&ヒィーーン
係の方が教えてくれた落ち着かせる方法は

リードを途中で踏んでリードを持つ

これで確かにソワソワ&ウロウロは多少おさまり少し落ち着きました。


いよいよ教室のスタートです

今日の先生のしつけの仕方の基本は

できたら褒める、できなかったら罰を与える

ここで言う罰というのは叱ったり、たたいたりすることではなく、
ワンコにとっての罰を状況に合わせて与えるということだそうです。



【飛びつき防止】

ぽこ君はとにかくはしゃぎ屋さんの為飛びつく癖があります。

「どなたか、飛びつき癖のある方!?」

はりきって「ハーイHello

手をあげたのはうちだけだったので、ぽこ君みんなの前で飛びつき癖を披露
期待を決して裏切らないワンコ、バッチリ飛びつき先生に褒められるぽこ

この場合、ぽこは遊んでもらいたいから飛びつくわけで、飛びついたら遊んでもらえないということが先生の言うになるそうです。

・ぽこに近づいて、飛びついてきたら背中を向けて遠ざかる
・近づいてもジッとしている時にご褒美のおやつを与える
・近づいてオスワリをして待っていたら多めにおやつを与える


先生が2,3回繰り返すと何も言わなくてもオスワリして待つように。

ここで再びしつけのコツ
完璧にできた時とまずまずできた時で、おやつの量を変えることだそうです。


【ジッとして足や身体を触らせてくれるかどうか】

ぽこはどこでも触らせてはくれますが、触る手に顔をこすり付けてきたりジッとはしていません。
これでは、しつけでいう「触らせてくれる」と言うことにはならないそうです。

・なにかカミカミできるおやつを与えながら同時に身体を触る
・ジッとしていなかったり、嫌がるようならおやつを与えない


ぽこ君人生初の豚みみアキレスに大興奮
こんなうまいものがあるにょか〜
画像 281.jpg

後ろ足を触る時は横からだとスムーズに行くそうですよ。


【遊び方】

・おもちゃは出しっぱなしにしない
・遊ぶ時と遊ばない時のオン・オフをはっきりする


遊び始めに「遊ぼう」終わりには「お終い」等の声かけをして遊びの時間が終わればじゃれついてきても無視するそうです。

引っ張りっこ遊びの時は最後に紐をおへその辺りで固定して動かないようにすることで、ワンコが離すので、そこで「離して・オフ」など声をかけると拾い食いなどの防止にも役立つそうですよ。


トータル1時間半のレッスンでしたが、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
もっとたくさんのことを教えてもらったような気がしますが、覚えているのはこの3点。

今日レッスンを受けて感じたことは
教え方1つで全然違うということです。本当は自分で勉強してできれば一番いいんでしょうが、できているのかできていないかも分からなかったり、しつけがうまくいかない時にどうしてうまくいかないかの原因が分からなかったりしていたので、短い時間でしたがとても為になりました。

ワンコのしつけ教室とありましたが、どちらかと言うと飼い主さんのしつけ教室だったかなあと思います。

これをきっかけにしつけ教室へ通おうかなあと考え中ののりsanなのです。

受講料2,000円でちょっとした教材とうん○袋と受講証を頂きました。
真ん中の丸いものは、うまく飛びつきの見本をしてくれたと言うことで先生から頂いたご褒美のおもちゃなのです。(いいんだか、悪いんだか・・・)
画像 282.jpg















ニックネーム のりsan at 20:08| Comment(15) | TrackBack(0) | かわいいじぇんとるワンへの道のり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする