2006年12月01日

第2回しつけレッスン〜goodとok〜

前回の記事で依存のことを書きましたが、
今日は次回までの課題のことについてお話いたします。

これは、のりsanは理解するのに時間がかかってしまって
うまく文章にできるか不安ですが、ボチボチがんばります。

【次回までの課題】

GOODとOKのコマンドを覚えてもらう

GOOD

褒める時に使うのではなく、伝えた指示に対して正しい行為ができた時に、単純に「それは正解ですよ」と伝える言葉だそうです。
ちょっと「いい子」との区別が難しいなあと個人的には思っているのですが・・・

現在できる行動(おすわり、伏せなど)で練習してしまうと、GOOD=今していることを褒めてもらっていると認識してしまい、今できていることの強化になるだけなので、最初は、歩いている時、普通に立っている時などいろいろな状況でGOODと言いながらご褒美をあげて、特定の行為を褒めてもらっていると連想させないことが大事だそうです。


OK

前回のハウストレーニングの時に少し書きましたが、
ぽこは「おすわりや伏せ」はできますが、勝手にやめてしまいます。
今は「待て」でその状況をキープさせていますが、OKをマスターすると、だんだんOKがでるまで、その行動をやめなくなっていき「待て」を連呼しなくてもよくなるそうです。
OK=解放の意味だそうです。

トレーニングのすすめ方は、
例えば「おすわり」の指示を出して、おやつなどで誘導し「おすわり」をやめた瞬間にOKと声をかけて、OKと同時に「おすわり」をやめさせていくように。


今回の課題は、ちょっと難しいなと感じています。
でも、できるようになれば、生活の中でいろいろ役立つ指示だなあと思っています。


あと1つ、先生とお話したのは引っ張り癖についてです。散歩に出るとグイグイ引っ張るぽこ。
イージーウォークというハーネスを購入して、しばらく使っていたのですが、どうも、すれていたらしく脇の下にカサブタが・・・・
これはいけないと思い、使用をやめていたらですねえ、なんと、ただ単にのりsanのフィッティングミスだと言うことが判明顔(汗)さすがの先生もこれには苦笑いでした。

しっかりしろよ、のりsan。頼むよ〜
画像 322.jpg

散歩前リードに食いつき、付けるのに苦労していた我が家でしたが、
食いついた瞬間、低めの声で「あっ」と言い、離したらご褒美をあげるというのを繰り返していくと、だんだん噛まなくなっていきますよ。

この日、先生がやると2,3回でやめました。
でも、私がやると・・・・・・・・・・・

これが、悲しい我が家の現実なんです。






ニックネーム のりsan at 23:14| Comment(9) | TrackBack(0) | かわいいじぇんとるワンへの道のり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする