2006年06月21日

昨日のNHKの放送を見て・・・・

ぽこを迎えてから、以前よりもペットに関する記事や放送に敏感になっています。

2,3日前の新聞で「ペットと一緒に避難所生活を送る」っという記事がありました。
神戸の震災時は大阪に住んでいましたが相当揺れました。
親戚が神戸に住んでいるということもあって「地震の怖さ」っというのは身にしみているので日ごろから非難袋を用意したり家具を留めたりと、わりと対策はしている方だと思いますが、その記事を見て「ぽこどうなるんやろ・・・」って思いました。ぽこ用の非難袋は用意できるけど、「離れているときにそんなことになったら」とか、「一緒にいてもパニックになってどっか行っちゃたら」などいろんな心配がグルグルと頭を駆け巡りました。

ちょっと前置きが長くなったんですが、なんでそんなことを書いたかというと、昨日のNHKの放送を見るまでは、当たり前なんですが、すごい小さい範囲で犬との生活を考えてましたが(もちろん、そこに重点を置かないといけないと思うのですが・・・)昨夜は頭をガーンと打たれたような気持ちになりました。
その放送は「障害のある犬」というテーマでした。
乱繁殖のせいで視力を失ったワンコや、足やしっぽがないまま生まれてきて、生まれてスグ命を奪われたりする現実が描かれていました。珍しい毛色を出す為や、こぶりな子を産ませる為だそうです。

悪質なブリーダーさんのせい(中には故意ではなく知識がないまま交配しちゃう場合もあるそうです)でもありますが、需要があるからこそ成り立つものですよね?
私も子犬を迎える時、○○犬がいいかなあとか何色がいいなあとか考えてたんで、グサっときました。

障害のあるワンコを引き取っている方のコメントの中に
「人間は兄妹で子供を作らないのに、犬だったらいいんですか?」っという言葉があって、私は言葉を失いました。

番組を見終わった後も頭を離れなくて、自分の結論とか意見とかないままブログ書いてます。(まとまりない・・・)
大きな大きな独り言やと思って下さい。

ニックネーム のりsan at 00:27| Comment(10) | TrackBack(0) | かわいいのり’sLIFE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして
私もNHKの放送を見ました。
乱繁殖と言う話は聞いていましたが、あれほどひどいブリーダーが居るのかと、目を疑うほどでした。
うちの子も、ブリーダー直の販売で買いましたが、来て2日目に肺に異常が見つかり、1週間ほど入院しました。診察の結果は、以前に肺炎を起こしていて、それにより、肺の1つが癒着していて機能していないために、咳き込むとの事でした。
いまでも、ブリーダーの方は知っていて販売したのではないかと疑いを持っています。
儲け重視で手段を選ばないブリーダーが多く、直で買うのは危険だと、後からいろんな方に聞かされました。
幸い、うちの子は元気にはしゃいでいますが、
近所にも、キャバちゃんが居ます。
その子は、生まれつき片目に障害を持っていて、貰い手が無ければ処分するところを引き取ったそうです。
人間の勝手で、無理に交配させたり、飼えなくなったからと簡単に捨てたりは、絶対にして欲しくないと思います。
何人の飼い主の方が、あの番組を見たのだろ・・
この記事をみて、おもわづコメントしてしまいましたが、取り留めの無い話になり、すみません。

Posted by MIRU at 2006年06月21日 01:43
こんばんは☆
地震のときで1番心配なのはパニックになってないかどうか。。
阪神大震災のとき家族は避難所でワンは家に置いていかれて。。
この映像を見たときは心が痛かった。。私は絶対ハビフラとは離れない!っといつも思ってます。

少し前にブームなったチワワちゃん。ブームのおかげでかなり乱繁殖されたみたいだね。。ちょっと前はMIXワンコちゃん。顔と体がバラバラでそりゃパピーの頃はかわいいさ。。でもさ無理があると思う。。それと同時にプードルちゃんブームがあって今では色々な毛色のワンがいる。。
そんなことしてるから傷害を持ったワンが増えちゃうのよ。。
確かに私もブレンハイムがいいなってフランを選んだけど。。

ただ思うことは命を大切にしてほしい。
ワンは言葉がしゃべれないんだから。。

長々とまた暴走してしまった^^;
Posted by れい at 2006年06月21日 01:46
おはようございます。
今回の放送は見てなかったのですが、他の番組でもつい最近、保健所の動物の話を取り上げている放送を見ました。
以前ワンちゃんを迎えようと言うことで、ボランティア団体に申し込んだことが有ります。結局応募が多くて、他の素敵な里親さんにそのワンちゃんは引き取られていましたが、その時に悪徳なブリーダーがたくさんいたり、無責任な飼い主が多くて、悲しい現実を招いていることも知りました。
以前は何も知らなくてこんなワンちゃんが可愛いとか話していましたが、今後またワンちゃんを迎えることがあれば、行き場の無いワンちゃんを迎えてあげたいと思います。
Posted by たま at 2006年06月21日 09:45
こんにちは。
乱繁殖で障害を持って産まれた子達。
そして流行で作られた子達。
この子達も、我が家にいる子達と変わりない命です。
障害が出ても、ちゃんと向き合って暮らしているオーナーさんもいます。
その反面、思ったよりも世話する事が大変で飼育放棄する輩もいます。
健康な子でも、老後には必ず介護する必要が出てきます。
そこまで面倒を見る覚悟が無ければ、ワンコと暮らす資格は無いと思います。
ワンコは物ではなく、大事な家族の一員だという認識を、もっと多くの人達に持ってもらいたいものですね。
Posted by コジロウパパ at 2006年06月21日 12:10
先ほどMIRUさんのページに遊びに行ってきました。本当に元気いっぱいのお二人さんだったんで、最初にそんなことがあったなんて信じられないくらいです。
私なりに強く感じるところがあってこの記事を書きました。だから、記事をきっかけにMIRUさんが遊びにきてくれたことが本当に嬉しかったです。
ありがとう☆
Posted by のりsan→MIRUさんへ at 2006年06月21日 21:54
なんか、キャバのこのかわいい性格や顔とかも、元をたどれば人の手が加わった交配からなわけで、すんごい複雑な気持ちでいっぱいやったんです。
長いコメント大歓迎☆☆
熱いコメントありがっと!!!!
Posted by のりsan→れいさんへ at 2006年06月21日 22:01
こんばんは☆
たまさんのコメント読んでジーーーンってきました。たまさんはワンコへの深い愛情をもってるんですね。今はぽこをできる限り幸せにしてあげようって思いますが、いつかそうゆうワンコを幸せにできる日が訪れたら本当に素敵だなあって思いました。
Posted by のりsan→たまさんへ at 2006年06月21日 22:09
最近のペットブームの影ですよね。
僕は犬を飼うことが決まりとても嬉しかったです。親に言われインターネットでどこで犬を購入するか探しました。しかし、最初に僕の目に入ってきたのは悪質なペットショップや悪質ブリーダーの現状でした。
初めて犬を飼うことの責任などを感じました。犬も一つの命だと考えさせられました。
長くなってすみません。また僕のブログに遊びに来てください。
Posted by とし at 2006年06月21日 22:20
こんばんは☆
ぽこを迎える時に、やはり病気や将来の介護のこと考えました。覚悟して迎えたつもりですが、実際その時がきてぽこにとって本当に立派な飼い主でいられるのかって時々考えます。
変な話、人間でも実の親だから介護できるけど、実の親だからこそ悲しかったり苦しかったりするって言いますもんね。
小さなぽこの命を預かる責任の重さを感じる毎日です。
Posted by のりsan→コジロウパパ さんへ at 2006年06月21日 22:21
こんばんは☆
この記事を書くのに最初躊躇しました。
というのは、深刻な問題なんやけども、ブログに書くにしては暗いというか重いテーマやったし、自分自身消化しきれてない状態だったから。
でも、こうしてたくさんの方がコメントを下さったことで、ここに遊びに来てくれる方は本当に素敵な飼い主さんばかりだなあっと改めてうれしく思いながらコメント読みました。
としさんもきちんとした気持ちでルビーを迎えたんですね。
お言葉に甘えてドシドシ遊びに行かせていただきます。
Posted by のりsan→としさんへ at 2006年06月21日 23:32
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/344975
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック