2006年05月13日

トイレのしつけ〜2週間目〜

「犬は寝床にトイレはしない習性がある」
と結構いろんな本に書いてましたが、うちのぽこはしまくりでした。
朝起きた後とか留守後とか見てみると、必ずと言っていいほど立派な世界地図が完成されているということに・・・・バッド(下向き矢印)
とにかく私はぽこが寝ていようと起きていようとトイレ処理に追われる毎日もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)
まだ子犬だから膀胱もすごくちっちゃいから我慢がきかないし、いくらこっちが「ぽこの部屋だよ」ってサークルを与えても、安心して過ごせるスペースになるにも時間はかかるから、最初は人がいない時(夜や留守中)はあんまりサークル内をウロウロしてなかったみたいです。それで寝床にしてたのかなって最近は思います。

最初の1週間はクレート以外前面トイレシートを敷いていたんですが、ぽこには人のそばに寄ってくる習性があって、クレート近くに人がいればクレートの中で寝て、反対側に人がいれば反対側にあるトイレトレーの上で寝るようになったんです。さすがに、トレーの上で寝る癖がつくと、衛生上もよくないし、トイレトレーニングの妨げになるかもしれないと思ったので、3枚トイレシートを敷いていたのを一枚減らし布を敷いて寝床を2箇所に変更し、2週間目のトレーニングをはじめました。

これまた使いまわしの画像ですが・・・・

画像 005.jpg


2週間目の後半からは、ぽこ自身が新しい環境にだいぶ慣れてきたこともあって、おねしょも減ったし、ちょくちょくシートの上でトイレをするようにもなってきました。
「寝床でトイレはしない」という習性がぽこにも基本的には備わっていたようで、寝床を2箇所にしてトイレも2箇所に限定することによって、ぽこも
どっちかの上でトイレをしよう→おやっ?こっち(トレーの上)でした時はボーロがもれなくついてくる上外に出られる→こっちでしようかな
という思考に至ってくれたのではないかと推測しています。3週間目に入るころには、さらに一枚シートを減らし、トイレはトレー一本でいくようにしました。

あっ、でも失敗ばっかでしたよ。成功したから減らしたというよりは、失敗が減ったから減らしたって感じです。結果として、のりsan法も悪くないんじゃないかと思うので、どうしてもトイレに困ってるかた一度試してみて下さい。






ニックネーム のりsan at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | かわいいトイレマスターへの道のり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/347237
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック